イミグランの通販

イミグランとゾーミックの片頭痛薬の違い

片頭痛の医薬品には、イミグランやゾーミックがあります。

片頭痛は慢性的に発症する病気で、脈を打つようにズキンズキンという頭痛に悩まされますから、イミグランやゾーミックを常備している患者さんも多いことでしょう。

月に1回~2回、ひどい場合は週に1回くらい突発的に発症することから、処方されたイミグランやゾーミックを携帯して、すぐに服用できるように備えておくと心強い薬です。

ゾーミックは、片頭痛の急性期治療薬です。

片頭痛は頭の血管が拡がって発生しますから、ゾーミックを摂取することにより、拡がった血管の収縮を促したり、血管の周りに生じた炎症を除去して、痛みを緩和させる効果があります。

頭が痛くなったら早めに摂取すると、特に高い効果がえられます。

患者さんによっては、頭の痛みだけでなく、嘔吐や吐き気を併発することが少なくありません。

中には兆候が生じる患者さんもいて、片頭痛が起きる前に目がチカチカするなどの異変が現れるということです。

ゾーミックの用量や用法は、医師から直接指示があるでしょう。

一般的には、成人の患者さんに対し1回2.5mgをゾルミトリプタンとして、痛みが生じたときに経口服用します。

ゾーミックを服用したにもかかわらず、まだ片頭痛がおさまらないという場合は、前に摂取した時間から2時間以上間隔を開けて、再び飲むことも可能です。

1日に服用してもいい総量は、全部で10mgまでですから、飲み過ぎないように気をつけてください。

片頭痛が起きて2.5mgを摂取してもあまり効果が得られなかった場合、次にまた片頭痛が生じたときは、5.0mgにまで増やしてもいいということです。

ゾーミックで痛みに効果がなかった場合は、医師にその旨を伝えましょう。

診察を受けて頭痛タイプをもう一度確認し直したら、効果が期待できそうな別の治療法に変更するかもしれません。

頭痛が起きたときは、入浴や運動をしないように心がけて、安静に過ごすようにすることも、痛みを抑えることに役立ちます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ