イミグランの通販

イミグランの飲み合わせの注意事項

片頭痛の特効薬と言ってもいいほど、効果のあるイミグランですが、その飲み合わせには注意が必要です。

たとえば、別系統のエルゴタミン製剤といっしょに飲むと、血圧上昇など副作用がでやすくなるので絶対に併用できません。

また、同じトリプタン系薬剤との同時服用も禁忌です。

これらとは24時間以上間隔をあけて服用する必要があります。

飲み合わせの悪い薬には、エルゴタミン系薬剤(クリアミン、ジヒデルゴット、メテルギンなど)、ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)、エレトリプタン(レルパックス)、リザトリプタン(マクサルト)、ナラトリプタン(アマージ)、MAO阻害薬などがあります。

さらに飲み合わせに注意が必要なのは、フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(パキシル)、セルトラリン(ジェイゾロフト)、ミルナシプラン(トレドミン)、デュロキセチン(サインバル)などです。

イミグランの副作用としておもな症状は、動悸、めまい、吐き気、眠気、倦怠感、体の痛みなどです。

また、飲み始めに、胸やノドのつかえ感・圧迫感を生じることはよくあることといってもよいでしょう。

動悸や胸の違和感については、念のため心電図検査を受けておけば安心できるはずです。

たいていは問題ないと判断されますが、海外では不整脈や狭心症も報告されています。

とくに中高年の人は注意した方が良い場合もあります。

めったにないことなのですが、初期症状等に念のため注意したいのが、心臓の異常です。

狭心症、心筋梗塞などを含みます。

胸の痛み・違和感・圧迫感、動悸、脈の乱れ、冷汗、締め付けられるような胸の痛みには気をつけてください。

そしてアナフィラキシー・ショックです。

じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れるなどの症状がでてしまったら、要注意です。

またてんかんのような発作、けいれんなどにも注意しましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ