イミグランの通販

イミグランの禁忌での注意点

イミグランの内用では、どのような禁忌があるでしょう。

併用禁忌とされているものに、エルゴタミン誘導体含有製剤のメチルエルゴメトリン(メテルギン)、エルゴメトリン(エルゴメトリンF)、ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット)があげられます。

他には、クリアミンというエルゴタミン製剤もあります。

これらは、血管攣縮もしくは血圧の上昇が強まる危険性が考えられます。

イミグランを服用してから、エルゴタミン誘導体含有製剤もしくはエルゴタミンを摂取するとき、あるいはその反対のケースでは、いずれも24時間以上の間を開けて摂取することが大切です。

5-HT(1B/1D)受容体作動薬として、ナラトリプタン(アマージ)、リザトリプタン(マクサルト)エレトリプタン(レルパックス)、ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)が併用禁忌とされています。

血管攣縮もしくは血圧の上昇が強まる危険性が考えられます。

イミグランを摂取してから、別の5-HT(1B/1D)受容体作動型の片頭痛薬を服用するとき、あるいはその反対のケースでは、いずれも24時間以内に摂取しないように注意してください。

MAO阻害剤も、イミグランとは併用禁忌です。

イミグランのt1/2(消失半減期)が延びて、血中濃度-AUC(時間曲線下面積)が増える危険性があることから、患者さんが服用中止2週間以内、もしくはMAO阻害剤の服用中のときは、イミグランを摂取できないようにすることが重要です。

食生活などの日常生活においても、イミグラン服用期間中は気をつけなければならないことがあります。

タバコを吸うことや、アルコールを摂取すること、とりわけ赤ワインを飲むことは、できるだけ避けるようにしましょう。

チーズ類やコーヒー、チョコレートを食べると、片頭痛の発作を招くことになりますから控えるべきです。

量をほどほどに加減するよう、心がけてみてください。

片頭痛に過労はよくありませんから、なるべく規則正しい生活スタイルを維持することが効果的です。




商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ