イミグランの通販

イミグランのインフルエンザ時の服用

インフルエンザにかかったときや発症している可能性がある段階で、もし片頭痛が生じたら、医師から処方されているイミグランを服用しても大丈夫なのでしょうか。

インフルエンザにかかっていても、イミグランを服用して問題ないということです。

片頭痛持ちの方は、継続的に病院にかかっている方が少なくありません。

わざわざ病院まで行かなくても、処方されたイミグランが手元にある状況でインフルエンザの季節を迎えて、発症の可能性が出てくることも当然あるでしょう。

インフルエンザとは関係なく、片頭痛は突発的にやってきます。

片頭痛の辛い痛みを抑えたいときに、インフルエンザを気にせずイミグランを服用できるのはありがたいものです。

イミグランとの飲み合わせが悪い治療薬がありますので、併用しないようにしてください。

MAO阻害薬、アマージ(ナラトリプタン)、マクサルト(リザトリプタン)、レルパックス(エレトリプタン)、ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)などです。

他にも、メルテギン、ジヒデルゴット、クリアミンなどのエルゴタミン系薬剤も、イミグランと一緒に飲まないように気をつけてください。

イミグランとの併用に、注意が必要な医薬品もあります。

サインバル(デュロキセチン)、トレドミン(ミルナシプラン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、パキシル(パロキセチン)、ルボックスやデプロメール(フルボキサミン)です。

イミグランとは異なる系統のエルゴタミン製剤を併用して摂取した場合、副作用として血圧が高くなる危険性があります。

同様のトリプタン系薬剤と一緒に摂取することも、しないでください。

同時期に服用する場合でも、薬を飲む時間を24時間以上開けるようにしましょう。

1種類目を摂取したら、24時間以上経過してから2種類目を服用するといった感じです。

イミグランは、血管を収縮する働きを持っていることから、循環器系の疾患がある患者さんは気をつけてください。

心筋梗塞や狭心症を悪くする可能性があるためです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ