イミグランの通販

イミグラン注射の注意事項

イミグラン注射を処方された方への詳しい解説です。

イミグランというお薬には用途に合わせた三種類の物があり、錠剤・点鼻液・注射に分けられます。

イミグランを処方される患者さんは、その多くが片頭痛から診察を受けている物と思われます。

片頭痛の原因と考えられているのは、頭蓋内外の過度に拡張する血管と周囲の炎症で、このイミグランはそれらの症状を抑える働きがあります。

血管の拡張を正常に戻し、血管周囲の炎症を抑える作用により頭痛を治療するお薬だという事ですね。

主に片頭痛と群発頭痛の治療に用いられるのが「イミグランキット皮下注3mg」という自己注射キットのイミグランです。

処方された方はお解かりでしょうが、自己注射キットが処方される際には必ず医師からの注射トレーニングが架せられます。

この際、医師が患者自身で自己注射が可能であると判断された患者さんにのみイミグランキット皮下注3mgは処方されます。

この注射を行なうのは、片頭痛・群発頭痛発症時です。

その際には、一回の皮下投与(注射)を行い、最低でも次の使用までに一時間の間隔を空けて使用するようにして下さい。

また、24時間以内に使用出来る回数は2回までとなっています。

ただし、イミグランを使用時には注意しなければならい事があり、以下の点はしっかりと記憶し、遵守するよう心掛けて下さい。

以前にイミグラン、及び他のスマトリプタン製剤を投与した際に発心やかゆみなどが発症してしまったという方、また、心臓病や脳血管障害、末梢性血管障害、高血圧、肝臓病、腎臓病を患っている方、てんかん様発作や心臓病、脳血管障害の既往歴があるという方は必ず医師に申し出て下さい。

更に、妊娠中・授乳中の女性の方、大衆薬も含め、現在何かしらの薬を使用しているという方も必ず意思に相談するようにしましょう。

もう一つ、副作用についての注意点です。

大抵の薬品には目的の効果以外に望まない薬効が現れる場合があり、イミグランも例外ではないという事を覚えておいて下さい。

イミグランの主な副作用には、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状に該当する皮膚上の紅斑、かゆみ、じんま疹、唇や舌・手足のしびれ、くしゃみ・咳、吐き気、動悸、投与後の急激な尿意・便意、喉がつまるなどの息苦しさ、呼吸困難、意識障害などがあり、不整脈、虚血性心疾患様症状に含まれる頻脈、胸部圧迫感、胸痛も副作用の一つです。

更に、てんかん様発作に含まれる意識障害、けいれんにも注意が必要で、このような症状があった場合には薬の投与を止め、直ぐに医師に相談するよう心掛けて下さい。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ