イミグランの通販

イミグランとバファリンのどちらが良いか

バファリンというと、大抵の人が知っている鎮痛剤の代表格ですよね。

頭痛や生理痛、その他諸々、身体の痛みなら何でも効くと思っている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、実際のバファリンは大衆薬で簡単に手に入る反面、言うほど良い効き目は得られなかったりします。

そうなると、やはり鎮痛剤として最も効果が期待でき、かつ安全性が高くて保険も効くロキソニンがこの部類の薬の中では一番良い薬のように思えます。

今のご時世ですと、頭痛があれば簡単に薬を手に入れて自分で直ぐに治療してしまえる状況下にある場合は多いですが、そういった方の中に「薬を飲んでもなかなか治らない」という方、居ませんか?

そういった方は要注意です。

薬の飲み過ぎで効き目が余りなくなってきているという可能性もありますが、普段から余り薬を飲まないのにしょっちゅう吐き気を伴う程の激しい頭痛に悩まされているという方、もし居られましたら一度病院で専門医師による診断を受ける事ををお薦めします。

ひょっとすると、それは鎮痛剤で痛みを抑える事が出来ない、“別の要因による頭痛”の可能性がありますよ?

所謂『偏頭痛』という物です。

正確には「片頭痛」というのですが、これは脳内・脳近辺の血管が膨張し、その周囲が炎症を起す事で起こる頭痛で、発作的に強烈な頭痛に襲われる病気です。

よく緊張型頭痛(肩こりなどから来る血行不良を原因とした頭痛)と勘違いされる事がありますが、片頭痛は全く別の原因による頭痛ですので通常の鎮痛剤では効果が期待出来ません。

片頭痛の場合、痛みの原因は血管の膨張とその周囲の炎症にありますので、それらを鎮める必要があります。

こういった場合、『イミグラン』のような専用のお薬を飲まなければ頭痛は収まりません。

片頭痛の場合、4~72時間までこの吐き気を伴う強烈な頭痛に悩まされ、酷い場合には日常生活に支障を来たし、行動不能に陥ってしまう場合があります。

片頭痛と緊張型頭痛を見分ける方法としては、首・肩・腰をお風呂場などで温める事で頭痛が緩和されるかどうかで見分けがつきます。

片頭痛であった場合、これで症状が緩和される事がありませんが、緊張型頭痛の場合には市販の鎮痛剤+マッサージ+お風呂で身体を温めると改善される可能性が極めて高いです。

(目の疲れによる場合もあるので、この際に目を瞑って気持ちを落ち着かせていると何時の間にか頭痛が治まっているという事もありますよ)

もし、これらの方法で激しい頭痛が治まらず、立っている事さえ困難になる場合には直ぐに医師の下を訪れて診断して貰いましょう。

先ほどお話しした「イミグラン」には錠剤の他に注射剤などもあり、即効性が極めて高いので片頭痛の場合にはそちらを注射して貰うと直ぐに回復しますよ。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ